スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと前のギド特集&PUMA限定CM! 

ひろこさんのところで、今行われている高校サッカーの地区予選でのみ流れるCMがあると知って、しかもそれに達也が出演してるとのことだったので、前に日テレでやっていた茨城県の決勝を録画してみたら試合前に放送されました(^^)
まだ見れてない方もたくさんいると思いますが、住んでる地域の決勝をチェックするか、関東の方だったら日テレで11/19(土)15時05分~「東京A決勝」が同じ日の25時50分~「東京B決勝」が放送されるのでそっちを見てれば流れるはずです。

もう決勝終わっちゃって見れないという方のために2ver.ともUPしちゃいます。高画質(.mpg)の方は見れない方もいるかもしれません(>_<;)低画質(.wmv)の方は皆さん見れると思うので見てみたい方はドウゾ↓

【PUMA CM】
[楢崎&達也 篇/高画質] [楢崎&達也 篇/低画質] [中山 篇/低画質]

ずっと前に公式でも発表されてた「FIFA フットボール・ムンディアル」のギド特集の内容を文字だけですがUPしときます。()内は映像です。
見たい方は続きへ…。

ナレーション(以下、ナ)「輝かしいキャリアをほこった選手生活に別れを告げ、指導者へと転向したギド・ブッフバルト。1990年のW杯優勝メンバーである元ドイツ代表は、現在Jリーグで活躍中です。監督として上場のスタートを切っています。」(大原でカードを配るギド)
ギド(以下、ギ)「浦和レッズから電話をもらったとき休暇でスキーに来ていたんです。ドイツでコーチングライセンスを取っていたので、いいクラブからオファーが来るまで焦る必要はないと思っていました。監督をするなら100%の確信とどういうサッカーをすべきか自分なりの考えやアイデアを実践するチャンスがなければダメだとわかっていたんです。レッズからの誘いには迷わずYESと答えましたよ。」
「現役時代はシュトゥットガルドで献身的なセンターバックとして名をはせました。ゴール数もかなりのもので、2度のリーグ制覇に貢献。1度目はデビューを飾った1983年-84シーズン。そして2度目は8年後の1991-92シーズン。最終節にブッフバルトの決勝ゴールでレバークーゼンに2-1で勝利。得失点差での劇的なリーグ制覇でした。」(シュトゥットガルド時代のギド)
「それもあって1992年の優勝は私にとって格別なものなんです。シュトゥットガルドのキャプテンも務めていましたしね。当時の監督だったフリストフ・ダウンとも非常にいい関係でした。選手と監督との関わりについてダウンからはたくさんのことを学びましたね。ピッチの上でどう振舞えばいいかも教えてもらったんです。」
「1997年までは選手としてレッズでプレーしていたブッフバルト。シュトゥットガルドで11シーズンを過ごした後、1994年に来日。発足後間もないJリーグを代表するビッグネームでした。ドイツに戻り、カールスルーエでのプレーを経て、1999年に現役引退。その後はレッズとアはドバイザー契約もしていました。あらゆる経験が監督業のプラスになっています。」(大原での練習風景)
三都主(ポルトガル語で)「日本に初めて来たとき僕はまだ学生だったんですが、現役時代の監督のプレーをテレビで見ていました。不屈の精神を持った選手でしたね。僕らにもその精神を伝えようとしています。ディフェンダー出身でも守備を重視してカウンターを狙う作戦は取りません。もちろん守備はしっかりしろと言われますけど、攻撃は自由にさせてくれるんです。」
「ゲームに対する情熱は現役時代と変わっていません。タッチラインにいても気持ちではピッチに立っています。勝利への執念も持ち続けているのです。このような姿勢は現在のチームに大きな影響を与えています。」(試合中のギド)
闘莉王「ほんとに僕たちを信頼して使ってくれているんで、まぁ監督としてほんとに尊敬できる人でもあるし、今までプレーをしてきた選手としてもね、あの、尊敬できる人なんで、もうほんとに信頼してね、僕ら頑張るだけだっていうふうには皆思ってやってます。」
「Jリーグきっての人気をほこる浦和レッズ。第26節を終えた時点で6位。残り8試合で首位のガンバ大阪とは10ポイント差。リーグ制覇の夢は遠のいています。エメルソンのカタールリーグへの移籍も響きました。昨シーズンはエースのゴールラッシュで2ndステージを制しました。」(試合映像)
「あまりに早い栄冠に驚きましたよ。新しいことを始めるとナーバスになるのです。正しいことをしているか、自分の意図は理解されているか自問自答していました。特に外国では自分の考えを正確に伝えてくれる優秀な通訳が必要です。これが機能するにはどれくらいかかるか、選手とどれだけ早く打ち解けられるか、思いどおりのチームになるのはいつか、疑問だらけでしたよ。」
「それでもすぐに答えを出したブッフバルト。就任1シーズン目から2位以下に9ポイント差の圧勝でレッズをステージ優勝に導きました。続いて年間王者を決めるチャンピオンシップへ。」(2nd優勝映像)
「相手は連覇を狙う横浜Fマリノス。延長戦まで闘いながら2試合合計スコアで並んだため勝負はPK戦に持ち込まれました。レッズは4人のうち2人がミス。Fマリノスが連覇達成です。残念な結果でしたがブッフバルトはあの経験によって自分もチームも成長したと振り返ります。」(チャンピオンシップPK戦)
「私がほんとにがっかりするのは全力を尽くせなかったと感じた時だけです。あの時私たちはベストを尽くしました。最後の最後で相手がほんの少し上だった、あるいは若い私たちよりも経験豊富だったんです。残念に思う反面、私は選手たちが手にしたものを誇りに思います。昨シーズンは基礎を固める期間にしたかったんです。ですから私としては大きな後退とは考えたくはありません。」
「サッカーをよく知っているサポーターも思いは同じ。ブッフバルトがレッズを年間王者に導いてくれると信じています。」

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

>あゆさん
レッズ入団当初は金髪だったり、今と髪型違ったりで印象が違うんですけど、このころと今はあまり変わりませんね(笑)
今はCMで我慢するしかないですね(>_<;)

>エイコさん
結構見ごたえのあるCMですよね。
これが期間限定なんてもったいない!
お役に立ててよかったです(^^)

はじめまして☆

はじめまして!!
CM、見させてもらいました♪
見たかったんですけど、見れてなくて・・・
でも、misakoさんのおかげで見れたので嬉しかったです♪

本当にありがとうございました(^^)

はじめまして☆☆
達也のCM、見せてもらいましたぁ♪
ずっと見たかったんです。ありがとうございました!!

それにしても達也は変わりませんね。笑
今でも学生服着たら高校生に見えちゃいそうで♪♪

はやくグラウンドを走り回る姿が見たくなっちゃいましたよぉ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shoooot.blog17.fc2.com/tb.php/68-63cb2b34

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 シュート100 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。